むすんで拓いて-慢性疼痛診療での連携-

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

 第47回日本慢性疼痛学会開催にあたって

近畿大学医学部麻酔科学講座
森本昌宏

  会員の皆様の温かいご支援によりまして、「第47回日本慢性疼痛学会」を,大阪の地において開く機会を頂戴致しましたこと、大変な名誉であると感謝致しております。この場をお借りして、まずは御礼申し上げます。
  さて、学術集会を主宰させて頂くにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
  第47回の学術集会は平成30年2月16日(金曜日)、17日(土曜日)の2日間、「ホテル阪神」(JR大阪環状線福島駅前)において開催致します。今回のテ−マは「むすんで拓いて−慢性疼痛診療での連携−」と致しました。慢性疼痛の診療を円滑に行うために関連領域間での連携を如何に進めて行くかにつきまして、改めて考えてみる機会になればと思っております。このテ−マに沿って、多くの話題、問題点を取り上げさせて頂くつもりです。医師、歯科医師、薬剤師、看護師、鍼灸師、理学療法士ならびに関連領域に従事されておられます多くの方々にご参加頂き、実のある討議が行われることを願っております。また、例年とおりに一般演題のご発表に加えまして、特別講演、教育講演、シンポジウム、ワ−クショップなど様々な企画をご用意させて頂く予定です。
  なお、16日夜の会員懇親会(参加は無料です)では、近大マグロの解体ショ−やミニコンサ−トを予定致しております。会員間での親睦を深め、記憶に残る夜となることを願っております。一緒に盛り上がりましょう!
  また、同時開催と致しまして、16日に「第3回日本ペインクリニック・インタ−ベンショナル治療研究会」を、17日の夕刻には「第16回痛みの臨床フォ−ラム」を予定致しておりますので、併せてのご参加をお願い致します(17日夜には共催企業による意見交換会もご用意させて頂く予定です)。
  会場のホテル阪神は、JR大阪環状線の福島駅前にあり、大阪駅から一駅と、各地からのアクセスや利便性が非常によい所に位置しております。学術集会終了後には、2月の大阪の町を存分に楽しんで頂き、大阪の味を満喫して頂ければと考えております。
  現在、医局員一同、素晴らしい会にするべく精一杯の奮闘努力中です。しかし、学術集会を成功に導くためには、何よりもご参加頂く会員の方々の絶大なるご協力とご支援が必要です。多くの演題のご応募(演題募集期間は9月7日〜11月9日です)、学術集会へのご参加をお願い致したいと考えております。
  会場でお待ち致しております。ぎょうさん来てや、頼んますでほんま。

近畿大学医学部麻酔科学講座
森本昌宏

PAGETOP
Copyright © 第47回 日本慢性疼痛学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.